呪術廻戦ネタバレ142話!禪院直哉死亡?乙骨憂太の狙いについて考察

今回は呪術廻戦142話の内容から乙骨憂太の狙いについて考察していこうと思います!

乙骨憂太VS虎杖悠仁、脹相VS禪院直哉の熱い戦いも決着がつきましたが、そこには乙骨憂太の本当の狙いについてのヒントがありましたので個人的に推測してみました。

 

*この記事は呪術廻戦142話のネタバレを含みます。

呪術廻戦ネタバレ142話/禪院直哉死亡?

呪術廻戦142話では禪院直哉が乙骨憂太に殺されてしまうのではないかと推測される描写があります。禪院直哉は脹相と戦いで敗れて意識はありますが立ち上がれない状態になります。そこに乙骨憂太が登場し脹相をワンパンで倒します。そしてそのまま禪院直哉に対して「辛そうですね、直哉さん」と発言しそのときに左手に呪力を流し込んでいます。明らかにこれから禪院直哉を始末するような口調と描写です。

禪院直哉は脹相に敗北

禪院直哉は脹相と戦っていましたが、脹相は呪霊と人間のハーフであり呪力を血液に変換できること加茂家にはない脹相オリジナルの技があることに気づかなかったことが要因として敗北してしまいます。

戦いの展開的には序盤は脹相の術式である赤血操術を把握している禪院直哉と禪院直哉の術式の種が全くわからない脹相であったので、禪院直哉の優勢でした。

ただ、脹相は呪霊と人間のハーフであり呪力を血液に変換できるため出血死のリスクがありません。そのため通常では明らかに出血死するであろう血液量を使用することができ、禪院直哉は翻弄されます。そして加茂家には存在しない脹相オリジナルの技【超新星】により禪院直哉は脹相に敗北してしまいます。

なぜ禪院直哉は乙骨憂太に始末されるのか

当初は禪院直哉は乙骨憂太に自分は敵ではないこと、標的は虎杖悠仁であることを伝えています。そのため乙骨憂太と禪院直哉が虎杖悠仁を狙い、それを脹相が防いでいる状態でした。なので純粋に乙骨憂太が処刑対象として虎杖悠仁を狙うのであれば禪院直哉はあまり関係ない存在となります。

ただ、今回の142話の最後のシーンでは禪院直哉に勝利した脹相を乙骨憂太がワンパンでダウンさせます。そしてそのあとに左手に呪力を宿して禪院直哉に対して「辛そうだね、直哉くん」とあたかもいまからとどめを刺さして楽にしてあげるよというようなニュアンスの発言をします。

本来なら同じ虎杖悠仁を処刑もしくは殺害する目的なので、乙骨憂太が禪院直哉に手をかける必要はありませんが、今回のシーンを見る限り明らかに禪院直哉を始末しようとしているように思えます。

そのため乙骨憂太には何らかの狙いがあり、その狙いに邪魔になる禪院直哉を始末しようとしていることが考えられます。

このときの虎杖悠仁の状態は胸を刺されたまま乙骨憂太が片手で引きずっている状態です。脹相は気絶状態。

乙骨憂太の狙いは虎杖悠仁の保護と五条悟の救出

では乙骨憂太の狙いとはなんなのか?現段階でははっきりとした情報はありませんが、いままでの乙骨憂太の行動として

①狗巻棘の復讐として虎杖悠仁を狙う

②呪術総監部により虎杖悠仁の処刑任務を引き受ける

 呪術総監部は五条悟の救出も禁止している

③虎杖悠仁の胸を刀で刺して生死不明の状態にする(恐らく生きている状態)

このとき「ごめんね、虎杖君」と謝る

④脹相をワンパンでダウンさせ、禪院直哉にとどめを刺そうとしている?

 

このことから私は乙骨憂太は実は虎杖悠仁を処刑することではなく、逆に保護して五条悟の救出を行うことが目的ではないかと思います。

初めは①の理由から虎杖悠仁を絶対殺すと殺意むき出しであったが、③の虎杖悠仁を刺した時にごめんねと謝罪していることと完全にとどめを刺していないことが引っ掛かります。

また、②の呪術総監部にあまり信用されていないことも第137話の呪術総監部とのやり取りでもわかります。呪霊を払いまくって呪術総監部に命令に従うとアピールするが呪術総監部は「いくら呪霊を殺したところで何の証明にもならんよ」と言っています。

明らかに信用されていないですね

また、呪術総監部は五条悟を呪術界から永久追放かつ封印を解く行為も罪としています

五条悟は強すぎるがあまりに呪術界の上のほうからは邪魔な存在となっているみたいですし

過去にも五条悟は虎杖悠仁が呪術界の企みで始末されかけたときに「上の連中全員殺してしまおうか」と発言しています。呪術界からしたら恐怖を感じるはずです。そのため呪術総監部は五条悟の救出を禁じていることが納得いきます。

五条悟は乙骨憂太の先生であるためこのことに関して乙骨憂太が素直に従うとは思いません。速攻で救出に向かうと思います。それを危惧した呪術総監部が乙骨憂太をマークしていると考えられます。

そのため乙骨憂太は呪術総監部の信頼を得ながら五条悟救出作戦を行わないといけません。

そのため処刑対象である虎杖悠仁を狙うように見せかけて、保護し五条悟救出作戦に加えるのではないかと思います。

そのため虎杖悠仁を殺害しようとする禪院直哉を始末する必要が出てくると思います。

 

なので私は乙骨憂太は本当は虎杖悠仁の味方であると考えています!

そうでなければ虎杖悠仁はすでに乙骨憂太に始末されていますしね(笑)

今後の展開としては虎杖悠仁を保護して一緒に五条悟を救出することが期待されます!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました